2018/05/02 06:00

中村倫也が印象的だった“キラキラしたもの”とは?

スタイリッシュに決める中村倫也/撮影=大石隼土
スタイリッシュに決める中村倫也/撮影=大石隼土

映画「七人の弔」(2005年)でデビューし、ドラマ「ホリデイラブ」(2018年1月-3月、テレビ朝日系)ではモラハラ夫を演じるなど、さまざまな役を演じてきた中村倫也が、岩田剛典主演のドラマ「崖っぷちホテル!」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)で、競艇狂いの料理長改めスーシェフ・江口竜二を演じている。

今回、「週刊ザテレビジョン」創刊1800号を記念し、18歳の思い出を振り返ってもらう他、江口のキャラクターや役作り、共演者とのエピソードなどを聞いた。

――デビュー当初の印象的な思い出を教えてください。

18歳は仕事デビューした年になりますね。連続テレビ小説「風のハルカ」(2005-2006年、NHK総合ほか)や、「相棒4」(2005年、テレビ朝日系)など、いろいろな役をやらせてもらえていて、オーディション受けたら受かるみたいな時期で、楽しかったですね。

――以前、「もてたいな」とコメントしていた記事を読んだのですが。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >