2018/05/12 08:00

古川雄輝に「俺もこうなろう!」と思わせた舘ひろしの男前な行動とは? 

「連続ドラマW 6 0 誤判対策室」で共演している(写真左から)舘ひろし、古川雄輝にインタビュー
「連続ドラマW 6 0 誤判対策室」で共演している(写真左から)舘ひろし、古川雄輝にインタビュー

石川智健の同名ベストセラー小説を映像化した「連続ドラマW 6 0 誤判対策室」(毎週日曜夜10:00-11.00、WOWOWプライム)が放送中。

本作は、ベテラン刑事・有馬英治(舘ひろし)、若手弁護士・世良章一(古川雄輝)、女性検察官・春名美鈴(星野真里)の3人が所属する、死刑囚を再調査し冤罪(えんざい)の可能性を探る組織「誤判対策室」を舞台に繰り広げられる本格ミステリー。

過去に敏腕刑事として知られていた有馬は、定年間際となり、酒に溺れ適当に仕事をこなす日々を送っていた。あるとき一つの事件の情報を入手。とりつかれたようにその事件を調べていく。

今回、初共演となる舘と古川にインタビューを行い、作品のことはもちろん、撮影の裏話、2人の関係性について語ってもらった。

■ 「『ヨレた老刑事』というリクエストがあった」(舘)

――同作品出演のオファーがあった時、どのような印象を持ちましたか?

舘:原作や高田亮先生の脚本がとにかく面白かったです。有馬については、最近よく定年間際の役をやっていたので、違和感はありませんでした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >