2018/05/02 16:00

特別賞は「バイプレイヤーズチーム」 大杉漣への思いが詰まった最終回を語る!

「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」を手掛けた濱谷晃一Pを直撃!
「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」を手掛けた濱谷晃一Pを直撃!

2018年冬クールに放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第96回ドラマアカデミー賞」の受賞作が決定。

ザテレビジョン特別賞には、「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」(テレビ東京系)から“バイプレイヤーズチーム”が選ばれた。

前作、ドラマ24「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」(2017年)に続き、2度目の特別賞受賞となった今回。

プライムタイムに放送枠を移し、ファンを増やした一方で、撮影中には主演の大杉漣が急逝。大きな悲しみを乗り越え、最終話まで走り切ったスタッフやキャストには「放送を続けてくれたことに敬意を表したい」と多くの感動の声が寄せられた。

そんな「バイプレイヤーズ―」を手掛けた濱谷晃一プロデューサーに話をうかがい、制作の裏側や大杉への思いを聞いた。

――今回、「バイプレイヤーズ―」で2度目の特別賞です。前回とは時間帯も違い、趣向も違ったと思いますが、反響はいかがでしたか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >