2018/05/06 12:00

“裏社会”のヤバ過ぎる「九死に一生」エピソードにアンタ柴田も絶句!

5月6日(日)の「EXD44」では「裏『九死に一生』スペシャル」を放送/(C)テレビ朝日
5月6日(日)の「EXD44」では「裏『九死に一生』スペシャル」を放送/(C)テレビ朝日

5月6日(日)放送の「EXD44」では、普段テレビでは見ることのできない“裏社会”で起きた壮絶体験を紹介する「裏『九死に一生』スペシャル」を送る。

同番組は、テレ朝(=EX)のバラエティー番組の未来を担う若手ディレクター(=D)から、秋元康が選抜した11人のメンバー「EXD44」がお題に沿って映像コンテンツを制作。メンバー同士が批評し合うのはもちろん、放送終了後には視聴者が一番面白かった映像コンテンツに投票し、その結果も包み隠さず公表するなど、厳しい環境の下でEXD44が切磋琢磨(せっさたくま)していくバラエティー。

「九死に一生」といえば、テレビで紹介されるのは自然災害や事件・事故の裏側で起きたサイドストーリーばかり。だが、本当に危ないことの多くは世間が知ることのできない「裏社会」で起きているのでは?

そこで今回、元実話ナックルズ編集長の久田将義氏、裏社会ライターの丸野裕行氏、経済ジャーナリストの須田慎一郎氏、ヤンキー界の重鎮・岩橋健一郎氏と、危険な世界に精通し、何度も窮地に立たされたことのあるスペシャリスト4人が集結。

普段は知る事のできない裏社会で起こった「九死に一生」体験を一挙披露する。

「殺害予告」をはじめ、「偽札工場への潜入取材」「狙撃された体験」と映画みたいな本当にあった危ないエピソードの連続に、座談会を進行するアンタッチャブル・柴田英嗣も「なんでそんな話するの…聞きたくない!」と仰天しきり。

普段テレビではなかなか見ることのない衝撃エピソードの数々に注目だ。(ザテレビジョン)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >