2018/05/11 12:00

池井戸潤作品初の映画化「空飛ぶタイヤ」プロデューサーの不安と自信

長瀬智也主演の「空飛ぶタイヤ」が6月15日(金)に公開/(C)2018映画「空飛ぶタイヤ」製作委員会
長瀬智也主演の「空飛ぶタイヤ」が6月15日(金)に公開/(C)2018映画「空飛ぶタイヤ」製作委員会

1998年「果つる底なき」で江戸川乱歩賞を受賞して作家デビューし、「下町ロケット」では直木賞を受賞したベストセラー作家・池井戸潤。

これまで「半沢直樹」(2013年、TBS系)、「花咲舞が黙ってない」(2014年ほか、日本テレビ系)、「民王」(2015年ほか、テレビ朝日系)、そして「陸王」(2017年、TBS系)など、数々の傑作小説がドラマ化、その全てが高視聴率・話題となっている。

そして2009年にはWOWOWで連続ドラマ化され、このたび池井戸作品初の映画化となる「空飛ぶタイヤ」が6月15日(金)に公開となる。

本作は、第136回直木賞候補作となり、池井戸自らが「僕はこの物語から『ひとを描く』という小説の根幹を学んだ」とコメントするなど深い思い入れのある物語。

映画化の話が持ち上がったのは、約3年前。配給会社である松竹の矢島孝プロデューサーが、映像化の権利を預かったことから始まる。

「預かったのは良いが、これは簡単なものではないなという思いもどこかにあった」と当時を振り返る矢島氏。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >