2018/05/12 10:00

「やれたかも委員会」の“笑い”担当は佐藤二朗じゃなくて白石麻衣!?

「やれたかも委員会」に出演中の佐藤二朗(右)と白石麻衣(左)にインタビュー/撮影=カノウリョウマ
「やれたかも委員会」に出演中の佐藤二朗(右)と白石麻衣(左)にインタビュー/撮影=カノウリョウマ

TBSほかで放送中の「やれたかも委員会」(毎週火曜夜1:28-1:58ほか)は、佐藤二朗、山田孝之という実力派俳優と、アイドル界きっての美貌を誇る白石麻衣(乃木坂46)が個性的なキャラクターを演じる異色のドラマ。

能島譲(佐藤)、月綾子(白石)、オアシス(山田)ら“やれたかも委員会”のメンバーが、相談者が思い入れたっぷりに語る異性との忘れがたき思い出エピソードを「やれた」「やれたとは言えない」で判定。青春という一言では表現しきれない淡い思い出の中に隠された人間の心理を時におかしく、時に切なく描いている。

ハードなスケジュールの中で集中的に撮影したという今作。ベテランの佐藤が見た、“女優”白石の素顔とは?

――まずはご自身が演じている役について教えてください。

佐藤:僕が演じる能島は、自分自身の恋愛体験でうまくいったことがあまりない男だと思うんです。だから、自分の大切な思い出を語る相談者に寄り添う傾向があります。常に彼らのことを親身に考えて判定しようとする誠実な人間ですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >