2018/05/12 10:05

鈴愛の運命を担う“じいちゃんの五平餅”の裏設定とは?【朝ドラの裏側をのぞきたい!(12)】

連続テレビ小説「半分、青い。」の第36回が放送された/(C)NHK
連続テレビ小説「半分、青い。」の第36回が放送された/(C)NHK

第6週までの放送を終えた、連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。5月12日(土)にオンエアされた第36回では、新生活をスタートさせた律(佐藤健)が、“ゆるふわ”イケメン・正人(中村倫也)と出会う展開が描かれた。

一方、オフィス・ティンカーベルで炊事と洗濯の日々を送る鈴愛(永野芽郁)に、カリスマ漫画家の秋風(豊川悦司)は五平餅を作るよう要求。追い詰められた鈴愛は祖父・仙吉(中村雅俊)に電話を掛けてレシピを教えてもらい、初めての五平餅作りに挑む。

ところが、秋風は鈴愛の作った五平餅を一口食べるなり、「まずい」と一蹴。そして、秋風は鈴愛を、漫画家のアシスタントとしてではなく、あくまで“メシアシスタント”=食事等の世話係として雇ったのだと明かす。

物語序盤から、たびたび登場している五平餅。本作ではヒロインが上京をしたり、一騒動を起こしたりする“きっかけ”になっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >