2018/05/14 06:00

「視聴率競争という古い価値観にこだわるのは本当に意味がないこと」【テレビの開拓者 / 角田陽一郎】

かくた・よういちろう=1970年8月17日生まれ、千葉県出身
かくた・よういちろう=1970年8月17日生まれ、千葉県出身

角田陽一郎氏は、1994~2016年にTBSテレビのバラエティー班に在籍し、「さんまのスーパーからくりTV」(1992~2014年TBS系)や、「中居正広の金曜日のスマたちへ」(2001~2006年TBS系)などを担当。2009年には、TBSの子会社として動画配信会社・Goomoを自ら立ち上げ、新たなビジネススタイルに挑んできた。現在はフリーランスの立場で、テレビのみならず、ネットや出版、イベントなど、さまざまなフィールドで活動する“バラエティプロデューサー”を名乗っている角田氏。そんな彼が唱える、真の意味での“テレビの開拓”とは――?

■ 明石家さんまさんの洞察力の鋭さにはいつも驚かされていました

──1994年にTBSテレビに入社されていますが、テレビ業界を目指されたきっかけは?

「きっかけと聞かれると、『オレたちひょうきん族』(1981~1989年フジテレビ系)を見て、あのスタジオの隅で笑ってるスタッフに自分もなりたかった、ということでしょうかね。TBSに入ってバラエティーの制作を志望したのは、『何でもやりたい』と思ったから。バラエティーを選んでおけば、ドラマでも報道でもスポーツでも、真面目なことからエロいことまで何でもできるなと思ったんですよ。今、僕は“バラエティプロデューサー”を名乗っていますが、これもバラエティー番組のプロデューサーという意味ではなく、いろいろなことをプロデュースする、という意味の肩書なんです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >