2018/05/21 06:00

大泉洋 小松菜奈との初共演映画で「最悪にネガティブな状況を想定してました(笑)」

5月25日(金)公開の映画「恋は雨上がりのように」初共演した小松菜奈&大泉洋/撮影=横山マサト
5月25日(金)公開の映画「恋は雨上がりのように」初共演した小松菜奈&大泉洋/撮影=横山マサト

さえないおじさんに片思いする女子高校生の姿を繊細に描き、人気を博している眉月じゅんの同名漫画「恋は雨上がりのように」がついに実写映画化。ケガが原因で陸上の夢を絶たれてしまった女子高校生のあきらを小松菜奈が演じ、その彼女から片思いされる45歳のファミレス店長・近藤を大泉洋が演じている。これが初共演となる二人に、互いの印象や映画の見どころ、裏話を語ってもらった。

――お二人は今回が初共演ということですが、互いの印象は?

小松「大泉さんは以前テレビで拝見していて、とても面白い方だなと思っていました。だから、今回、共演させていただくのが本当に楽しみで」

大泉「私的には今回、共演者が若い子ばかりだったので、最悪にネガティブな状況を想定して現場に行っていました(笑)」

――最悪にネガティブな状況とは?

大泉「みんなから無視され続ける。若い人たちでキャッキャとやっていて、私一人だけ残される。食事もみんなで一緒にしているのに、自分だけ隅っこで食べている。あと、みんなでグループラインを作っているのに、私だけ入れてもらえないとか…」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >