2018/06/01 06:00

東出昌大が華麗に3Pシュート、まさかのスポコン展開に?「コンフィデンスマンJP」【プロデューサーに聞く(9)】

6月4日(月)放送の「コンフィデンスマンJP」は“スポーツ編”/ (C)フジテレビ
6月4日(月)放送の「コンフィデンスマンJP」は“スポーツ編”/ (C)フジテレビ

長澤まさみが主演を務める“月9”ドラマ「コンフィデンスマンJP」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。6月4日(月)放送の第9話は「スポーツ編」がオンエアされる。

本作は、ダー子(長澤)とボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)という3人の信用詐欺師(=コンフィデンスマン)たちが、悪徳富豪から大金をだましとっていくコメディー作品だ。

今回、ダー子たちのターゲットになるのは、小池徹平演じるIT企業の若手社長・桂公彦。スポーツ好きの桂は、さまざまなプロスポーツクラブを買収しては、横暴な現場介入でファンや選手たちから反感を買っている。

ダー子は、そんな桂がプロ化目前の卓球に目を付けていると推測。ボクちゃんと共に強豪卓球チーム・東京ジェッツに招聘(しょうへい)された中国人選手に成り済まし、チームを売り込もうとする…というストーリー。

爽やかな印象のある小池だが、拝金主義で嫌味なキャラクターの桂をどのように演じるのか。プロデューサーを務める草ヶ谷大輔氏に聞いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >