2018/06/01 07:00

佐藤二朗×福田雄一対談!“ベタベタしない”関係だからこそ生まれる一切妥協のない作品

佐藤二朗と福田雄一監督(写真左から)が対談を行った
佐藤二朗と福田雄一監督(写真左から)が対談を行った

長澤まさみ演じる短期記憶障害の女性と、山田孝之演じる一途な愛を貫く男を描いたラブストーリー「50回目のファーストキス」が、6月1日(金)に公開を迎える。

本作のメガホンを取るのは福田雄一監督。「ラブストーリーなのに福田監督!?」と驚いた人も多いかもしれないが、福田組常連の佐藤二朗も出演する。

果たして、どんな作品が完成したのか、佐藤・福田監督の名タッグに対談インタビューを行い、作品の見どころを余すところなく語ってもらった。

――本作で、佐藤さんは短期記憶障害の女性・瑠衣の父親を演じています。福田監督が佐藤さんにオファーした理由は?

福田:この映画を撮ろうと思った時点で、父親役は二朗さんだと決めていました。もともとこの作品は、事故で脳に障害が残ってしまったという重い話。

原作の父親は娘をかわいがって心配しながらも、厳しい人として描かれているんですね。

でも映画の持ち味としては、重い話を描いているのにもかかわらず、悲壮感がないところが魅力だと思うんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >