2018/06/01 11:46

<半分、青い。>中村雅俊演じる仙吉じいちゃんのギター弾き語りが話題に

鈴愛の東京生活は、順風満帆か?/(C)NHK
鈴愛の東京生活は、順風満帆か?/(C)NHK

連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の“中村”といえばゆるふわイケメン・正人を演じる中村倫也――そんな風潮に、ある人物が待ったをかけた。ヒロイン・鈴愛(永野芽郁)の祖父・仙吉を演じる中村雅俊だ。

■ サザン「真夏の果実」を熱唱

鈴愛と正人の恋の進展が描かれた6月1日放送の第53回では、鈴愛の母・晴(松雪泰子)が鈴愛に会うため上京したことで、久々に岐阜・梟町の住人たちが多数登場した。

中でも注目を浴びたのは、中村演じる仙吉が自宅の居間でギター弾き語りするシーン。仙吉は、鈴愛の弟・草太(上村海成)を相手に、フォークグループ・ガロの大ヒット曲「学生街の喫茶店」(1972年)を歌い「おじいちゃん、年甲斐もなくフォークソングが好きなんや」とほほ笑み、続けて当時の最新ヒット曲であるサザンオールスターズの名曲「真夏の果実」(1990年)を歌ったのだ。

「こんな歌が、おじいちゃんの青春時代にあったらよかった…そうすりゃじいちゃん、廉子さんに、ばあちゃんに歌ってやった」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >