2018/06/08 07:00

「家政夫のミタゾノ」椿鬼奴が松岡昌宏とお酒を飲むには先輩・博多大吉の承認が必要!?

「家政夫のミタゾノ」で平野らむを演じている椿鬼奴/(C)テレビ朝日
「家政夫のミタゾノ」で平野らむを演じている椿鬼奴/(C)テレビ朝日

6月8日(金)に最終回を迎える、松岡昌宏主演ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)。なぜか女装姿で家政夫として働く三田園(松岡)は、これまで派遣先の家庭や家族の内情をのぞき見し、さまざまな問題を暴いてきた。

今作から新しく増えたキャラクターの一人で、三田園の所属する「むすび家政婦紹介所」のベテラン家政婦・平野らむを椿鬼奴が好演中だ。

らむは、男女関係に関するゴシップ話が大好きで、恋多き女という設定。年下の家政婦には、厳しく指導にあたり、特に新人として入ってきた麻琴(剛力彩芽)に対しては厳しいという役どころとなっている。

そんならむを演じている椿にインタビューを敢行し、現場の雰囲気や見どころなどを聞いた。

■ 「私でいいんですか!?」という感じ

――出演が決まったときの率直なお気持ちは?

とてもうれしかったんですが、「どうして私が!?」という思いでした。シーズン1も見ていたので、「私でいいんですか!?」という感じ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >