2018/06/10 07:00

錦戸亮演じる「西郷どん」の弟、18歳の姿でついに本格登場!

錦戸亮演じる西郷信吾は、血気にはやる18歳/(C)NHK
錦戸亮演じる西郷信吾は、血気にはやる18歳/(C)NHK

錦戸亮が、6月10日(日)放送の大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)第22回より本格的に登場する。

西郷信吾(従道)演じる錦戸については、第1回(1月7日放送)の冒頭シーンの立派な“ひげ”をたくわえたビジュアルを覚えている人も多いかもしれないが、今回の放送で見せるのは若々しい姿だ。

大河ドラマ初出演となる錦戸が演じるのは、主人公・西郷吉之助(鈴木亮平)の弟で、有馬新七(増田修一朗)ら過激な藩士たちの影響を受け、血気にはやる18歳。

3年ぶりに薩摩(さつま)に戻った吉之助は国父となった島津久光(青木崇高)と対面するが、吉之助は上洛計画を「無謀である」と批判し、久光を激怒させてしまう。一方で有馬らは、京で他藩の浪士たちと結託し、倒幕を企てていた。吉之助は、久光の上洛軍を下関で迎える役目を与えられていたが、その命を破り、急いで京へ向かう。そこで、青年に成長した信吾と再会する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >