2018/06/11 22:34

衛星放送協会オリジナル番組アワード最優秀賞を発表!

衛星放送協会の新体制が発表
衛星放送協会の新体制が発表

2017年度にBS、CS(有料多チャンネル)で放送されたオリジナル番組の中から、優れた番組・企画を表彰する「第8回衛星放送協会オリジナル番組アワード」。オリジナル番組賞全7部門とオリジナル編成企画賞の最優秀賞および審査委員特別賞が6月11日に発表され、今年も衛星放送ならではの多様な作品が並んだ。

第1回から審査委員長を務めるノンフィクション作家の吉岡忍氏は、「8回目にもなると、応募作全体を見た時にずいぶん手馴れてきた感じはあります。ここにくるまでには、それぞれのチャンネルの特性を築こうと試行錯誤を重ねた8年間がありました。一方で、粒がそろってきた分、無茶や冒険をする番組が少なくなったといえるのかもしれません。それだけに年々審査は難しくなっています」と、審査を終えての感想を語る。

■ 今年も衛星放送ならではの多様な作品が並ぶ!

ドラマ番組部門の最優秀賞は、藤沢周平の傑作小説を北大路欣也主演でドラマ化した「三屋清左衛門残日録 三十年ぶりの再会」(時代劇専門チャンネル)が受賞した。吉岡氏は「時代劇の中の時代劇」と表現し、高いクオリティを絶賛した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >