2018/06/29 08:00

透明感あふれる美少女・駒井蓮、初主演作で難役に挑む「最後は何か胸に残るものがありました」

透明感がすごい! 若手女優・駒井蓮/
透明感がすごい! 若手女優・駒井蓮/

直木賞作家・道尾秀介が書き下ろしたオリジナル原案を元に戸田彬弘監督が映画化した「名前」が、6月30日(土)より新宿シネマカリテほかで全国公開。

過去を隠し、うそを重ねて生きる中年男性が、自分を「お父さん」と呼ぶある秘密を抱えた女子高校生と出会い、絆を深めていく。

本作にて女子高校生・笑子役で主演を務める、若手注目女優・駒井蓮にインタビューを行い、作品の見どころや撮影エピソード。そしてプライベートについても語ってもらった。

――冒頭から謎が多い展開で、引き込まれていきますね。

私も台本を読んだ時に、どういうことなんだろうって思いました。笑子と、津田寛治さん演じる“おじさん”(正男)のシーンが行ったり来たりして。

でも、読み進めていくうちに、いろいろ気付くことがあって、すごく面白い作品だなと。ミステリー要素がありつつ、父と娘の関係性みたいなものも描かれていて、最後は何か胸に残るものがありました。

――あれだけシーンの時制が前後すると、撮影は大変でしたか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >