2018/06/26 19:04

高杉真宙が“渋メン”宣言「ヒゲが似合う大人になりたい」 映画「虹色デイズ」で爽やかな高校生役を熱演!

いま若手俳優の中で、もっとも伸び代が大きいのが高杉真宙だ/撮影=加藤アラタ
いま若手俳優の中で、もっとも伸び代が大きいのが高杉真宙だ/撮影=加藤アラタ

水野美波の同名人気漫画を映画化した青春映画「虹色デイズ」(7月6日公開)。性格も趣味もバラバラなイケメン男子高校生の恋と友情を描いた本作で、高杉真宙はオタクでマイペースな“つよぽん”を好演。今年、公開された映画「プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~」や「世界でいちばん長い写真」とは、また違うタイプの高校生を体現している。佐野玲於、中川大志、横浜流星ら同世代の若手俳優たちと共演した高杉は、自身の役をどんな風に捉えているのか。役作りや撮影現場でのエピソードを語ってもらった。また「早く年齢を重ねたい」と話す高杉の“理想の大人の男性像”も明らかに!?

――今回の作品は人気漫画が原作ですね。

有名な漫画ですよね。もちろん、僕も読んでいました。少女漫画で、男子高校生4人を主人公にしている作品はあまりないから面白いですよね。お話をいただいた時は緊張しましたけど、自分が4人の仲の一人になれるんだといううれしさもありました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >