2018/07/08 21:00

「絶対零度」なが〜い打ち合わせで生まれるモノ【脚本家で見る夏ドラマ(1)】

7月9日(月)より「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」がスタートする/(C)フジテレビ
7月9日(月)より「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」がスタートする/(C)フジテレビ

いよいよ7月9日(月)夜9時より、沢村一樹が主演を務めるドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(毎週月曜夜9:00-9:54※初回は9:00-10:24、フジテレビ系)がスタートする。

本作は2010年から続く「絶対零度」シリーズの第3弾で、今回のテーマは「AIが割り出した危険人物による“これから起こる重大事件”の阻止」。井沢範人(沢村)率いる「未然犯罪捜査チーム(通称・ミハン)」の刑事たちの活躍を描く。

過去作の主人公である桜木泉(上戸彩)が、物語の鍵を握る存在として登場することでも話題だ。

第1話の脚本を手掛ける浜田秀哉は、「ラストホープ」(2013年、フジテレビ系)など、幾多の人間模様が織り成される群像劇を数多く描いてきた。最近では「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」(NHK総合)での、神木隆之介が演じる主人公たちの小気味いいやりとりが印象的。

本作のプロデューサー・永井麗子氏も、これまでの全ての「絶対零度」シリーズに携わっている浜田秀哉の脚本に“絶対的”信頼をおいている様子だ。「今回はシリーズの中でも全く違う話ですが、浜田さんは事件ものを数多く手掛けられていますし、とても頼りがいのある方です。浜田さんの一番の強みはストーリーの構築力! 物事への興味の持ち方がピュアで、かつ理路整然とされている浜田さんならではの脚本になっていると思いますね」と熱く語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >