2018/08/22 20:00

14歳の少女と27歳の女性の愛の日々を描く映画「真っ赤な星」特報解禁

小松未来、桜井ユキが、孤独を抱える14歳の少女と27歳の女性の、交わることのない愛の日々を描く/(C)「真っ赤な星」製作委員会
小松未来、桜井ユキが、孤独を抱える14歳の少女と27歳の女性の、交わることのない愛の日々を描く/(C)「真っ赤な星」製作委員会

W主演を務める小松未来、桜井ユキが、孤独を抱える14歳の少女と27歳の女性の、交わることのない愛の日々を描く映画「真っ赤な星」の公開日が12月1日(土)に決定。さらに、特報映像が解禁された。

今回解禁された特報では、「ほしいものはいつも この手のひらには、おさまらなかった」というコピーとともに、元看護士の弥生(桜井ユキ)の部屋で、主人公の14歳の少女・陽(小松未来)が、弥生の姿を見つめているシーンからスタート。

その後、空を飛ぶ赤いパラグライダーや星が輝く天文台、陽と弥生の共同生活など、本作にとって重要な場面が切り取られ、弥生のかなわなかった願いごとについて話す二人の会話の最後には、陽と弥生が暗闇で見つめ合いキスをしそうになるシーンへと続いている。

■ 15歳・小松未来が長編映画初主演

小松は、主演映画「みつこと宇宙こぶ」で第11回田辺・弁慶映画祭」で女優賞を受賞した新進気鋭の15歳。長編映画は初主演となる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >