2018/08/23 08:00

【吉高由里子インタビュー】苦しくて苦しくて、素の自分が出てしまいました

映画「検察側の罪人」に出演する吉高由里子にインタビュー!/撮影=岡本英理
映画「検察側の罪人」に出演する吉高由里子にインタビュー!/撮影=岡本英理

木村拓哉と二宮和也が共演する映画「検察側の罪人」が8/24(金)に公開。ある強盗殺人事件の捜査方法をめぐって、木村演じるエリート検事・最上と、二宮演じる若手検事・沖野が対立する姿を描く。今作で、検察事務官役を演じた吉高由里子に、今作への思いを聞いた。

——先日、東京国際フォーラムで行われた映画「検察側の罪人」の完成披露試写会は、すごい熱気でしたね。

「本当に! びっくりしました! ご挨拶させて頂いたときにもお話ししたんですけど、木村(拓哉)さんと二宮(和也)さんが少し近付いただけで、歓声が上がって、正面から4,000人の歓声の風を感じましたからね(笑)! 本当にすごいなぁと思いました。でも、ファンの方達も、あのテンションの後に『検察側の罪人』の試写を見たら、気持ちの切り替えが大変だったんじゃなんじゃないかなと思いました(笑)」

——今作では、吉高さんは、橘沙穂という東京地検・刑事部の検察事務官役を演じていらっしゃいますが、吉高さんの中で、橘沙穂という人物をどう演じていこうと考えていましたか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >