2018/10/27 17:30

千葉雄大 北川景子&田中圭カップルは「日常感がすごくありました」

11月2日(金)公開の映画「スマホを落としただけなのに」に出演する北川景子、千葉雄大、田中圭/撮影=西村康
11月2日(金)公開の映画「スマホを落としただけなのに」に出演する北川景子、千葉雄大、田中圭/撮影=西村康

スマホという身近なテーマが話題を呼び、映画化のオファーが殺到したという志駕晃の同名小説が原作の「スマホを落としただけなのに」(11月2日・金公開)。千葉雄大が演じたのは、黒髪の女性ばかりが狙われる連続殺人事件を追う新人刑事・加賀谷学。元プログラマーという異色の経歴を持つ加賀谷について、「すごく前向きで一生懸命生きている男」と語る千葉に、今回の役どころや作品の見どころなどを聞いた。

――台本を読んだ印象を教えてください。

分かりやすく劇的な展開で進むというよりは、徐々に不気味な感じが襲い掛かってくるミステリーだと思いました。そして一人一人のバックグラウンドが色濃くある話だという印象がありました。

――加賀谷という役をどうとらえましたか?

過去につらい経験をしていながらも、紆余曲折があったにせよ、すごく前向きで一生懸命生きている男だと思いました。刑事になったきっかけについて「昔から事件に興味があった」というようなセリフがありましたが、ニュースを見ながら、どこか他人事ではないと思っていたのかもしれませんね。“もしかしたら自分もそうなってしまうかもしれない”と共感する部分もあったりして、ちょっとした恐怖みたいなものを抱えながら生きていたのかもしれないけれど、そうならずに生きてきた強い人なんだろうと思います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >