2016/02/05 15:00

小山力也「吹替で映画の新たな魅力を引き出したい」

今回放送される作品の中で、「『ポンペイ』は迫力満点の映像が魅力だと思う」と語った小山
今回放送される作品の中で、「『ポンペイ』は迫力満点の映像が魅力だと思う」と語った小山

CS映画専門チャンネル・ムービープラスが、2015年8月に立ち上げた新企画『吹替王国』の第4弾を2016年2月に放送することになり、キーファー・サザーランドやジョージ・クルーニーの吹替で知られる小山力也が収録を行った。海外ドラマや洋画だけでなく、テレビアニメでも活躍する小山に、番組収録後に話を聞いた。

これまで吹替王国には、藤原啓治、大塚明夫、玄田哲章といった声優界のレジェンドが登場してきたが、その3人に続く形となった小山は、「何百人といる声優の中で、僕が呼んでもらえたことはありがたいですね。最近は、地上波で吹替がなくなってしまったが、色々な専門チャンネルや媒体でこうやって取り上げてもらえるのは、うれしいです」と、昨今の吹替事情ともに今回の出演の感想を語った。

吹替として数多くの作品に携わっている小山だが、「昔は吹替で見ると、声優の顔が浮かんできて、映画を純粋に楽しめなかった」という。しかし最近は、吹替作品も普通に見ることができるようになったとのこと。字幕でも映画を見るそうで、「吹替は吹替で楽しめるけれども、字幕で映画を見て、実際の声や空気、呼吸音を聞くことで、自分だったらどう演じようか、という考えを巡らせています」とその理由を語ってくれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >