----------->> 紫外線ダメージを重ねた肌を徹底ケア!さらに楽天ポイント山分けキャンペーンも♪ <<-----------
2016/06/30 10:00

横山由依、恋愛ドラマ主演作は「想像しながら演じた」

横山由依は7月6日(水)放送の第21話『別れの時間』で主演を務める/(C)AKBラブナイト製作委員会
横山由依は7月6日(水)放送の第21話『別れの時間』で主演を務める/(C)AKBラブナイト製作委員会

テレビ朝日で毎週水曜深夜に放送中のドラマ「AKB ラブナイト 恋工場」。7月6日(水)の第21話『別れの時間』では、AKB48グループ総監督・横山由依が主演を務め、同居を解消したカップルの彼女役で憂いを帯びた“泣き”の演技に挑戦する。

また、同話オンエア後にネット配信される第22話『同じ屋根の下』では、結成2周年を迎えたAKB48チーム8の注目株・山田菜々美が、母親の再婚によって同い年の“弟”と一つ屋根の下で暮らすことになったヒロイン・あかりを演じる。

先日行われた「AKB48総選挙」で11位となり、選抜メンバー入りを果たした総監督の横山は「恋愛ドラマはそんなに経験がないので、想像しながら一生懸命演じました」としながらも、揺れ動くヒロインの心情を演技と表情で見事に表現。

部屋で自分の持ち物を整理している途中、感情的になって一心不乱に皿をたたき割るシーンに注目が集まる。一方、山田は演技初体験ということで最初から最後まで緊張しっ放しの撮影だったようだが、「経験を積んで、違う演技にも挑戦してみたいと思いました」と、女優業に前向きな姿勢。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >

おすすめキャンペーン