2017/02/03 14:49

山崎賢人 「羊と鋼の森」映画化でピアノ調律師に

ピアノ調律師・外村直樹を演じる山崎賢人
ピアノ調律師・外村直樹を演じる山崎賢人

累計50万部発行のベストセラー小説「羊と鋼の森」(宮下奈都・著)の実写映画化で、ピアノ調律に魅せられる主人公の青年・外村直樹を俳優の山崎賢人が演じることが分かった。また、外村を導く調律師役で三浦友和が出演する。

原作は、「火花」や「君の膵臓をたべたい」などの話題作を抑えて2016年本屋大賞第1位を獲得した作品で、青年・外村(山崎)の成長を静謐な筆致で描いた物語。北海道の田舎で育った高校生の外村は、調律師の板鳥宗一郎(三浦)の調律したピアノの音に出会い、調律師になることを決意。専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で働き始める。外村は、自分に調律の才能があるのか悩みながらもピアノを介して多くの人と出会い、自分の求める音を追い求めていく――というストーリーだ。メガホンを取るのは、映画「orange-オレンジ-」(2016年)でも山崎とタッグを組んだ橋本光二郎氏。

山崎は昨年、映画「四月は君の嘘」でピアニスト役を経験済みだが、今回は演奏とは違った技術が求められるピアノ調律師役。この役を演じるにあたり、山崎は昨年末から調律の練習を重ねている。さらに、ほかのキャストよりも早くロケ地・北海道入りし、2月中旬に予定されているクランクインの前に集中して特訓を受けるなど気合い十分。山崎は今回の役柄について「才能が必要なのか、努力が必要なのか、誰のための仕事なのか、調律師、そして人として悩み、失敗しながらも一歩一歩成長していく外村にすごく共感しました。どの職業で生きている方にも共感してもらえるものが必ずあると思います」とアピールする。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >