2017/05/22 08:00

ダウンタウンのギャラが格安10万円で、宮根誠司もコンビニ弁当…! 在京キー局と地方局のエグい格差が取材で判明

 日本にはテレビ局がおよそ130局ある(地上波テレビに限る)。しかし、その中でNHKを除けば全国放送される番組の制作は大半が在京5局が手がけており、それ以外の局は広域放送局や県域放送局に分類され、いわゆるローカル局として扱われる。

 そのため、両者には歴然たる経済格差が存在するといわれ、制作費も大きく異なると聞く。しかし、今回取材を行い、リアルな数字を調べたところ、予想をはるかに超えた格差があることが判明した。その驚くべき実態をお届けしたい。

「放送局格差はそれぞれの制作費を知れば簡単にわかります。制作費は出演者やスタッフのギャラ、美術費や技術費なども捻出するお金ですから、一目瞭然なんです。そして、それぞれの局の制作費ですが、地方局のそれを1とした場合、大阪や名古屋などの準キー局は5程度で、東京のキー局が100という割合になります」(キー局関係者)

 東京のキー局は、実に地方局の100倍の予算があるという。意外なのは準キー局の少なさだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン