2017/06/17 08:00

フジテレビで怪奇現象が続発、オワコン化は呪いだった! 関係者が“立ち入り禁止レベル”の部署を暴露「一番ヤバいのは…」

 凋落の一途を辿るフジテレビだが、今年も“安定して”転げ落ちている。5月に発表された2017年3月期の純利益は、15.7%減(約5億円減)の約28億円で減収減益。さらに社運を賭けた月9ドラマ「貴族探偵」が、平均視聴率8.72%と散々な結果に終わったように、視聴率も低空飛行が続いている。

「結局、亀山千広社長は退任し、権勢を振るった日枝久会長も会長職を退くことになりました。でも、これでよくなるとは誰も思っていませんよ。視聴率争いでテレ東に負けることも、もう珍しくありませんからね。今、局内では『振り向けばテレビ埼玉』と自虐的にささやかれています(笑)」(フジテレビ関係者)

“炎上”することも、もはやフジテレビならではの光景といっていい。最近も、ディズニー映画「アナと雪の女王」のエンディングを「みんなで歌おう!」という映像投稿企画にして大ブーイングを浴びせられたほか、情報番組「とくダネ!」では、結婚を発表した菊川怜に「祝脱・独身」という垂れ幕を用意し「セクハラだろ」と猛批判を浴びる始末。やることなすことすべて裏目に出てしまい、救いようがない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >