2017/07/26 09:00

絶好調ブルゾンちえみのギャラが安すぎる!? 事務所幹部がブチ切れたテレビ局の“やらかし”を関係者暴露

 最近のテレビ業界で視聴者に受ける企画といえば、「ギャラの公開」だ。いったい、芸能人たちがいくらで仕事を請け負っているのか気になる方は少なくないだろう。在京キー局の関係者が明かす。

「もともと芸能人の方はギャラを公開したがりませんでした。トラブルの元ですし、変な嫉妬をかきたてることになりかねませんからね。たしかに最近は明かすことが多いですが、ある程度口外しても差し障りがない場合か、もしくはトップスターや一発屋の突き抜けた額のどちらかに絞られますね」

 例えば、新田恵利がおにゃんこクラブ時代に月収12万円と告白しても、「ああ、その時はしょうがないよね」と視聴者は納得しやすい。逆に、島田洋七が自身の小説「がばいばあちゃん」で年間の公演料が2億4,000万円だったことや、「髭男爵」の最高月収は1,000万円とかなり高額だったとしても「これは一過性のもの」という前提があるため、嫉妬を覚えないのは確かだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >