2017/09/07 08:00

自称5億円男・ヒカル、炎上の裏側と黒い過去とは? 情報商材詐欺集団を警察もマーク中か!

 散々バカにされ続けてきた「ユーチューバー」だが、ヒカキンもタレントとして所属し役員に名前を連ねるUUUM(ウーム)が先月30日、見事に東証マザーズに新規上場し話題となっている。

「アプリ制作をメインとするIT企業には上場ゴールが多くみられ、上場後直ぐに赤字転落するなど新規上場に対してかなり厳しい目が向けられ始めている。そんな中で、東証マザーズだとはいえユーチューバーがメインの会社が上場をしたことはミラクルです。はじめは疑いの目で見られていたのですが、収益力が高く、注目され始めました」(週刊誌記者談)

 しかもこのUUUMが上場をしたことで、戦々恐々としているユーチューバーが多いという。

「本来は、YouTubeにあげた動画の再生回数による広告収入でユーチューバーは生計を立てていたのですが、ここ最近はYouTubeの度重なる規約変更などで安定して稼げる状況ではなくなった。そこで、企業とのタイアップが新たな収益源として浮上し始めているんです。これまでは、PR会社や中小の広告代理店がこういったタイアップ動画のクライアントをユーチューバーに仲介していたのですが、そこに割って入ってきたのがUUUM。元々老舗のユーチューバー事務所であり、圧倒的人気を誇るヒカキンがいることで様々なタイアップを実現。しかも、他の所属するユーチューバーもうまく使って総括的にPRできる体制となっている。個人のユーチューバーはコントロールが効かないことがあり、広告を扱うには非常にリスクが高かった。そこで現在は、個人のユーチューバーに案件をふっていた広告代理店も、UUUMを通すようになり、結果として収益が激減したユーチューバーが増えているんです」(IT雑誌編集者談)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >