2017/09/07 08:00

自称5億円男・ヒカル、炎上の裏側と黒い過去とは? 情報商材詐欺集団を警察もマーク中か!

 しかし、ヒカルのファンが『損をした』と苦情を寄せ始めたことで大炎上に。結果、ビットコインなども絡むことで、詐欺罪が適用されると各方面から指摘されると全面的に謝罪をし、無期限活動停止となった。VALUの運営元も、ヒカル氏らに「ユーザーへの損害賠償」求め内容証明を送付。これで、VAZの信用は格段に落ち、会社としての経営にも甚大な影響を与える事態になっています」(同上)

しかも、追い打ちをかけるようにヒカルの過去がファン以外にも広く知られることに。

「ヒカルは過去員8カ月で月収1,000万円を達成したというウリ文句で怪しげな情報商材を売っていた。この情報商材は詐欺まがいの情報をあの手この手で情報弱者に売りつけるもので、VAZの立ち上げメンバーも関わっているといわれており、その中でもヒカルはかなりのやり手だったようです。情報商材は非常にグレーな事業で、数年前から消費者庁や警視庁がマークしている案件です。一部のユーチューバーに情報商材詐欺集団の資金が流れていることに警視庁も関心を寄せていますよ。ことが大きくなれば、会社の存続どころではなくなるでしょう」(週刊誌記者談)

 自称5億円なんてうそぶいて目立とうとする前に、自分の過去が褒められたものなのか、いま一度しっかりと見つめ直す必要があるのかもしれない。

※画像は、「ヒカル」公式ツイッターより

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >