2017/11/25 09:00

“レコ大のヤラセ”を元最高責任者が大暴露!「自分を棚に上げて」バーニング周防氏を激烈批判

 暮れのレコード大賞に衝撃が走った。昨年まで日本レコード大賞の最高責任者である制定委員長を務めた大物作曲家の叶弦大氏が、22日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で芸能事務所「バーニングプロダクション」の社長・周防郁雄氏を糾弾したのだ。叶氏は御歳81。対する周防氏は76。一般社会ならばとっくに隠居している身なのだが、芸能界ではいまだ後期高齢者が隠然たる力を持ち、権力争いを繰り広げているのだから、頼もしい限りだ。

 同誌で叶氏は文春で昨年報じられた「三代目JSBはレコード大賞を1億円で買った疑惑」のスクープ記事を問題視。文春は「三代目 J
Soul Brothers from EXILE TRIBE」が大賞に選ばれた裏で、所属事務所「LDH」からバーニングに1億円が支払われていた事実を請求書ともに詳報したが、これに叶氏は「大きな衝撃と恥辱を感じました。あの問題が発覚してもなおレコード大賞の私物化を続ける周防氏に対し、憤慨を抑えきれない」と激白している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >