2018/02/28 09:00

「イライラする」「嫌いになりそう」役柄のせいで嫌われてしまった芸能人

 2008年4月期のドラマ『ラスト・フレンズ』で、錦戸は長澤まさみ(30)らと共演。錦戸が演じた及川宗佑は長澤演じる美知留の恋人で、頭脳明晰で人当たりが良いように見えるも陰では美知留に暴力を振るうというキャラだった。アイドルの見せる暴力シーンは視聴者やファンに大きな衝撃を与え、「錦戸くんのこと好きだけど、嫌いになりそう」「錦戸亮を見るたびに“怖い人”のイメージが離れない」といった声が続出。一方で「最終回見て、ようやく宗佑の気持ちが理解できた」という感想もあり、“怖さ”だけではない余韻を残すことに成功していた。


●佐野史郎

 最後は個性派俳優として知られている佐野史郎(62)。1992年に出演した連続ドラマ『ずっとあなたが好きだった』(TBS系)で佐野が演じた「桂田冬彦」は、強烈すぎる役柄ながら“冬彦さん”の愛称で親しまれている。野際陽子が演じた母親に対する異常な依存ぶりは瞬く間に話題となり、冬彦さんを演じきった佐野の演技力を評価する声が続出。知名度を一気に広げただけでなく、同年の流行語大賞に「冬彦さん」が選出されるほどだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >