2018/06/18 08:00

【放送事故】報ステ、容疑者として警察官の映像流した失態「意図的だと疑う人も…」 業界人から困惑の声が浮上!

 6月9日放送のテレビ朝日系ニュース番組「報道ステーション」で事件の容疑者が警察署に入るシーンを放送したが、この際、同乗していた警察官を容疑者として報道するミスがあった。同じ車に乗っている上、有名人でもない人物なのでカメラマンが間違えることは有り得るような気もするが、業界関係者に話を聞くと「有り得ない」といわれた。

「そもそも警察が容疑者を警察署に連行や移送する際には事前に記者クラブを通じて情報が入ります。だからこそ警察署の前で待ち構えることができるんです。また、事前情報では車のどこに乗っているのかも明らかにされます。基本は後列の真ん中ですが、たとえ毎回同じであっても事前に伝えられます。そのため、警察署の前で待っているカメラマンが撮影をミスることは有り得ないんです」(報道番組ディレクター)

 このような事前情報があるとは驚きだが、そこには特有の事情があるという。

「容疑者の両サイドや助手席に乗る警察官は容疑者の逮捕に多大な貢献をした人物が選ばれます。このような位置に乗っているとテレビにも映って家族や知り合いも見ますから、言ってみれば警察内部のご褒美のようなものです。そのため、きちんと撮影してもらうために情報をマスコミ各社に提供しているわけです」(同)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >