2018/07/05 08:00

“人相の悪い顔”を撮る専門カメラマンが存在していた!? 容疑者や芸能人の“悪い表情”を狙って激写する超エキスパート

 テレビ番組を制作する仕事は非常に細分化されている。たとえばドラマでテーブルは大道具さんが用意するが、テーブル上のお皿は小道具さんや装飾さんが担当する。また、俳優が持つ携帯電話やタバコなどは持ち道具さんと呼ばれるスタッフや衣装さんが担当する。

 このように画面上に登場するアイテムだけに絞っても複数の役職があるため、画面を見ていてもまったくわからない役職や存在もある。そのひとつにして、かなりレアな職種を聞くことができた。

「報道の世界に在籍しているカメラマンは事件や事故を撮影するために専門的なノウハウを持っていますが、中でもかなり専門的なノウハウを持つカメラマンがいます。それは『人相の悪い顔を撮るカメラマン』です」(報道部スタッフ)

 人相の悪い顔を撮るとは、どういうことなのか。

「報道やワイドショーでは事件の容疑者が警察署に入るシーンを撮影します。このとき、できるだけ人相が悪いように撮影するノウハウを持ったカメラマンがいるんです。凶悪事件などの場合、優しい顔をしている容疑者を映しだすよりも、やはり人相が悪いほうが世間もニュースに関心をもってくれますし、事件への批判の声も大きくなり、結果として世論を動かすこともできます。そのため、このような顔を撮るカメラマンが必要なんです」(同)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >