2017/05/29 15:48

野村萬斎、東京五輪前に日本の力をアピール 佐藤浩市、茶道所作は「吹き替えでもよかったんじゃ…」

(左から)篠原哲雄監督、和田正人、吉田栄作、中井貴一、野村萬斎、佐藤浩市、佐々木蔵之介、山内圭哉、森川葵
(左から)篠原哲雄監督、和田正人、吉田栄作、中井貴一、野村萬斎、佐藤浩市、佐々木蔵之介、山内圭哉、森川葵

 映画『花戦さ』の公開直前舞台あいさつが29日、東京都内で行われ、出演者の野村萬斎、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市、山内圭哉、和田正人、森川葵、吉田栄作と篠原哲雄監督が出席した。

 本作は、暴君と化した豊臣秀吉(市川猿之助)の圧政から町衆を守るため、花僧・初代池坊専好(萬斎)が、刀ではなく花を手に、一世一代の大勝負に挑む姿を描く。

 萬斎は「髪が伸びました。この(撮影の)時はちゃんと刈っていたんですけど。少年のような役をやらせていただきました」と語り、京都で行われた撮影では「方言は初めてで、話すのが大変でした。現場ではネイティブな方もエセっぽい方も、皆さん京都弁に慣れようってことで、皆で京都弁でお話ししているのが新鮮でした」と振り返った。

 専好の友人でもある千利休を演じた佐藤は「ギラギラじゃない佐藤浩市が見られます。お楽しみください」とアピールして笑わせ、劇中で披露している茶道の所作については「何回か習いに行かせてもらって、見ている方が違和感を感じないようにできるだけ滑らかにと意識してやっていました。監督は手しか撮ってくれないので、吹き替えでもよかったんじゃないかと。でも自分でやっているので」と明かした。

 最後に萬斎は「日本の文化がたくさん詰まっています。日本の教科書のスタンダードになるのではないかというぐらい文化の香りに満ちている。対話するための一つのきっかけにお茶やお花、文化芸術があるとまさしく確信するものです。(東京)五輪を前にまた日本の力というものを感じていただければ」と呼び掛けた。

 映画は6月3日から全国ロードショー。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >