2017/06/03 14:07

綾野剛“救いのない役”を熱演 「役柄に侵食されてもいいと思った」

役づくりについて振り返った綾野剛
役づくりについて振り返った綾野剛

 映画『武曲 MUKOKU』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の綾野剛、村上虹郎、熊切和嘉監督が登壇した。

 本作は、鎌倉を舞台に、剣を捨てた男(綾野)と剣に出会った少年(村上)が繰り広げる宿命の対決を描く。

 熊切組に参加するのは『夏の終り』以来4年ぶりとなった綾野は「前回以降、熊切さんが、会うたびに『必ずまた一緒にやろうね』と言ってくれていたけど、その言葉を信じながら今日までやってきて本当に良かった」としみじみ語った。

 今回は主役として出演したが「主役というより、鮮度の高い状態で熊切監督に自分の身を委ねたい。『武曲』の一員として(現場に)入ったという意識の方が強かった」と率直な思いを口にした。

 現場では熊切監督が「カット」と声を掛ける代わりに「いいっすね~」とつぶやくため、結局、オーケーなのか、そうではないのかと、周囲が判断に迷ったというエピソードもあり、綾野は改めて「監督の『いいっすね~』を聞くと本当にホッとしました」と笑顔を見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >