2017/06/09 17:55

【芸能コラム】今からでも大丈夫!「おんな城主 直虎」を楽しむ三つのポイント

井伊直虎を演じる柴咲コウ
井伊直虎を演じる柴咲コウ

 中盤を迎え、ますます盛り上がる「おんな城主 直虎」。新たな登場人物も加わり、後半に向けてさらに期待が高まってきた。そこでここでは、これまでの物語を振り返り、今後の注目ポイントを整理してみたい。

 注目したいのは、大きく分けて次の3点だ。
1.地域振興の行方 2.戦国時代の大局の動き 3.新たな登場人物の活躍

 まず1点目。このドラマを見る上で気をつけたいのは、従来の戦国物のような天下取りや立身出世の物語ではないということ。描かれているのは、戦乱が続く困難な時代、領地や領民を守り、皆が豊かに暮らすことを目指した小領主の姿だ。

 第12回で領主・直虎(柴咲コウ)が誕生して以降、借金まみれだった領地・井伊谷では、百姓たちによる綿花の栽培が始まり、綿布も完成。商売に乗せようというところまできた。さらにここ数回は、豊かな山林の資源を使って、材木の商いを始めようとしている。産業ばかりでなく、百姓たちに読み書きを教えるなど、教育に力を入れる一面も描写。第15回、直虎が主家・今川家に井伊家相続を認めさせる場面で、文字を習ったばかりの百姓たちが必死につづった署名を披露する一幕は、胸に迫るものがあった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >