2017/06/16 19:22

【インタビュー】「東京ヴァンパイアホテル」夏帆&満島真之介 「キャストだけではなくスタッフもハイに」

夏帆(左)と満島真之介
夏帆(左)と満島真之介

 『愛のむきだし』や『新宿スワン』などの園子温監督による初のオリジナルドラマ「東京ヴァンパイアホテル」(全9話)が、6月16日からAmazonプライム・ビデオで一挙配信される。地球と人類の滅亡を図るヴァンパイアと、人類との熾烈(しれつ)な戦いを描く本作で、共にヴァンパイア役を演じ、本格アクションに初挑戦した夏帆と満島真之介が撮影の裏側を語った。

-まずは撮影の感想を教えてください。

満島 とても楽しんでやっていました。日本の作品でこういう役ができることはあまりないだろうと思ったので、持っているものを全て出してしまおうと。ヴァンパイアは日本の文化にはないものなので、妖怪や幽霊とは全然違うもの。それを演じられるのだからわくわく感しかなかったし、自分に外国の血が入っている部分は(ほかの役柄では)ずっと扉を締めていたので、楽しく演じさせていただきました。

夏帆 撮影をしながら園さんが台本を書かれていたこともあり、私は最初にもらった台本を読んだだけでは役柄がどういう方向に行くのかつかめなくて大変でした。ヴァンパイアになる理由は話が進むにつれて分かりますが、最初は謎が多いのでどう演じたらいいのか不安でした。でも、園さんの作品は現場で生まれるものを大事にすることが多いので、その場で相手役の方と作っていった感じです。完成した作品を見た時に「私ってこんな顔ができるんだ!」と今まで自分が見たことのない顔を撮ってもらったことにも驚きました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >