2017/06/27 17:29

キスマイ北山宏光、堂々と小学生役 舞台上では「16歳って決まっている」

“息子”の北山宏光を絶賛した荻野目慶子(左)とベンガル
“息子”の北山宏光を絶賛した荻野目慶子(左)とベンガル

 舞台「あんちゃん」公開舞台稽古および囲み取材が27日、東京都内で行われ、出演者の北山宏光(Kis-My-Ft2)、ベンガル、荻野目慶子が出席した。

 田村孝裕氏の作・演出によるオリジナル作品として上演する本作は、幼いころに父に捨てられた青年が、父との再会を経て、父と家族への愛憎に葛藤する複雑な心境を描く。主人公・凌役の北山は2015年の「滝沢歌舞伎 10th Anniversary」以来2年ぶりの舞台出演で、ストレートプレー初主演を果たした。

 北山は、演じながら「(自分も)一人っ子だけど、父が途中から現れるシーンは、自分の中でシンクロするところがあったり、(ベンガルと荻野目が)本当のお父さんとお母さんに見える瞬間もあって」と語り、「人によってはすごく柔らかい、心に刺さるものだと思う。必ず(心に)お土産みたいなものを渡せるのでは」とファンに呼び掛けた。

 母を演じる荻野目は「家族は“みっくん”と呼ばせてもらっていて、礼儀正しくて男前で、それでいてかわいいところも。小学生の時のシーンも似合う似合う。私は子どもがいないのですが、男の子がいたらこんなふうにかわいいんだろうなと思います」と“息子”をべた褒め。父役のベンガルも「ストレートプレー初主演で、進化のスピードがすごい。センスがいいし勘がいい。しかも若いし」と自慢げに語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >