2017/06/27 21:13

満島ひかり&永山絢斗がツーショット登壇 破局危機問われるも笑顔

和気あいあいのトークを展開した満島ひかり(左)と永山絢斗
和気あいあいのトークを展開した満島ひかり(左)と永山絢斗

 映画『海辺の生と死』の舞台あいさつ付き完成披露上映会が27日、東京都内で行われ、出演者の満島ひかり、永山絢斗、井之脇海、川瀬陽太、津嘉山正種と越川道夫監督が出席した。

 本作は、互いに小説家である島尾敏雄とその妻・島尾ミホが、それぞれ執筆した鮮烈な出会いと恋の物語を映画化。2人が出会った奄美大島、加計呂麻島でロケが行われ、満島にとっては4年ぶりの単独主演作となった。

 島尾ミホがモデルのヒロイン、大平トエを演じた満島は「満島家は奄美大島の生まれで、沖縄で育ったものの、方言も歌や踊りも耳なじみのあるものでした」と明かし、ふるさとでの撮影では「13歳で上京したので、13歳からのふるさとの生活をちょっとやり直している感覚でもありました」と撮影以外の部分でも感じるものがあったという。

 トエの恋人で島尾敏雄をモデルとした朔中尉役の永山は、実在の人物を演じるのは初めてだったといい「実際にそういう経験をしてみると、もう少し深いところにいける努力ができるもんだなと。島にはどこに行っても島尾敏雄さんの名前があって、たくさんそういうところにピースが落っこちていたので助かりました」と役づくりを振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >