2017/07/04 14:47

長瀬智也、孤独な主人公に共感!? 「僕も独り身の男として…」

(左から)池脇千鶴、大竹しのぶ、吉岡里帆、坂口健太郎、大西礼芳
(左から)池脇千鶴、大竹しのぶ、吉岡里帆、坂口健太郎、大西礼芳

 日曜劇場「ごめん、愛してる」のプレミアム試写会&舞台あいさつが4日、東京都内で行われ、出演者の長瀬智也、吉岡里帆、坂口健太郎、大西礼芳、池脇千鶴、大竹しのぶが登壇した。

 本作は、心の孤独を抱える主人公の岡崎律(長瀬)が、運命の女性(吉岡)に出会い、生まれて始めて愛し、愛されることを知っていく物語。ある事件で頭部に致命的なけがを負い、余命を宣告された律は、最後の親孝行をすべく自分を捨てた実母を探し求める。

 長瀬は「母親からも誰からも愛されたことのない孤独な男の役。(役柄は)実年齢よりちょっと下ですが、僕も独り身の男として孤独な時間でいろいろと感じることもあるので、そういったことを、律を通して表現できたらいいかな」とアピールした。

 また、久しぶりのラブストーリー挑戦となる長瀬は「純愛ラブストーリーをやったのは19歳の時。(当時とは)愛の考え方とかも変わっていると思うし、撮影をやっていても、一つ一つを重く感じたりもする。昔ならこうは考えなかったなということを考えたり…」と、自身の内面の変化にも言及した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >