2017/07/09 20:50

「与太夫のような人は、衣装一つで商売の仕方が伝わります」本田博太郎(中村与太夫)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

中村与太夫役の本田博太郎
中村与太夫役の本田博太郎

 第27回で商人たちの町・気賀に堀川城が完成。その城を井伊が治めることとなり、築城を巡る騒動は一件落着した。この騒動で活躍したのが、町衆の元締め的存在である中村与太夫。その個性的な風貌や振る舞いは一際目を引くが、そこには演じる本田博太郎のアイデアが多分に反映されている。自らイメージスケッチを描いた衣装に対するこだわりから演技に対する思いまで、たっぷり語ってくれた。

-これまで数多くの大河ドラマに出演されてきましたが、今回はどんなことを考えて臨んでいますか。

 この年になると、ト書きの裏側やせりふの裏側といった裏の感情をきめ細かく表現したいという思いが出てきます。孤独感や切なさ、夢とか希望とか、いろいろなものが裏側に秘められていて、隠れたその感情の方が真実のような気がするので。お芝居の中から、そういったものが醸し出せたらありがたいです。

-中村与太夫をどのような人物として捉えていますか。

 あまり実体は見せないようにして、毒気とかユーモアとかしゃれっ気のあるしたたかな人間、ぐらいの方が商売人としてはいいかなと思っています。とはいえ、周囲から頼られて地域を背負っているわけですから、人間的な深さみたいなものもないといけません。ハッタリもありつつ、町衆たちもこの人ならついて行けるかなと思わせるような。ちょっと尋常ではない世界観もチラチラとのぞかせながら、そういう説得力が出るようにしたいと考えています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >