2017/07/16 20:50

【芸能コラム】直虎のさらなる成長を促す龍雲丸の存在 「おんな城主 直虎」

龍雲丸を演じる柳楽優弥
龍雲丸を演じる柳楽優弥

 第27回「気賀を我が手に」(7月9日放送)で、気賀に建設された堀川城の城主となった直虎(柴咲コウ)。誠実な人柄と大胆な発想で領主としての足場を着々と固めている。今後さらなる成長が期待されるが、その鍵を握る人物が、柳楽優弥演じる龍雲丸だ。

 盗賊団の頭(かしら)だった龍雲丸は、偶然の出会いをきっかけに、直虎と信頼関係を築き上げた。一時は打診された井伊家への仕官に心が傾きながらも、「武家勤めはできない」と断った経緯がある。その後は気賀に拠点を移し、仲間と“龍雲党”を旗揚げし、町衆の依頼を引き受ける何でも屋的な稼業を営んでいる。

 その龍雲丸が、なぜ直虎の成長の鍵を握るのか。

 これまで直虎は、女性当主に強い抵抗感を示す家臣の中野直之(矢本悠馬)や、当主を目付の小野政次(高橋一生)にすげ替えようとする主家・今川家の思惑に対して、知恵を絞り、誠実に向き合うことで乗り越え、成長してきた。

 とは言え、それは、あくまでも無条件に井伊家の人間を当主と認める武家社会の中での話。では、武家の常識が通用しない相手が現れた場合、果たして直虎はどう向き合うのか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >