2017/07/26 18:03

堂珍嘉邦、変身シーンで「興奮が弾けた」 『劇場版仮面ライダー』にゲスト出演

完成披露イベントに登壇したキャスト陣たち
完成披露イベントに登壇したキャスト陣たち

 『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』の完成披露イベントが26日、東京都内で行われ、レギュラーキャストの飯島寛騎、瀬戸利樹、松本享恭、岩永徹也、松田るか、中澤祥次郎監督、劇場版ゲストの藤本美貴、ブラザートム、堂珍嘉邦ほかが登壇した。

 VR(仮想現実)空間での支配を企む忍者集団との戦いを描く本作。“医療”と“ゲーム”という異色のモチーフの仮面ライダーが、劇場で真のエンディングを迎える。

 本作で謎の仮面ライダー風魔を演じた堂珍は「想像しながら演じるのは未知の経験でした」と苦労もあったようだが、完成作を見て「ちゃんとスクリーンの中で変身できてて、興奮が弾けるというか、自分自身すごく楽しむことができました」と満足げ。憧れのベルトを巻いた感想を「すごくカラフル。今ってすごくポップなんだなと思いました」と語った。

 藤本は、難病で入院している少女の母親役で出演したが「普段も母親をやっているので、あまり(普段と)変わりませんでした」。病院での撮影シーンが多かったが医療監修もあり、「何回も撮ったりと、忠実にやっていてすごいなと思いました」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >