2017/08/05 16:30

間寛平、東京五輪の聖火ランナーに名乗り? 「声が掛かれば、なんぼでもやりますよ」

 楽しい掛け合いを披露した間寛平(左)と陣内智則
 楽しい掛け合いを披露した間寛平(左)と陣内智則

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けた「3年前記念イベント-千葉にオリンピック・パラリンピックがやってくる!-」が5日、千葉県千葉市のイオンモール幕張新都心で行われ、森田健作千葉県知事、スペシャルゲストの間寛平ほかが登壇した。

 マラソンランナーとして知られる間は、過去にはランニングとヨットで世界を一周する「アースマラソン」に挑戦したこともある。

 司会の陣内智則から「(東京五輪の)聖火ランナーもあるかも」と振られた間は「声が掛かれば、なんぼでもやりますよ」とノリノリの様子。「そのためにも3年後までずっと走り続けてほしい」とエールを送られると「走ります。任せてください」と応えるなど、気合十分だった。

 また、間は、今年4月に、高さ4、5メートルの樹木から落下し、全治1カ月の大けがを負った。登場時に陣内から「師匠、木から落ちたけど大丈夫ですか?」と改めて心配されると「まだ痛いねん」と苦笑いしながら背中をさすった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >