2017/08/29 13:41

【インタビュー 】『ワンダーウーマン』乃木坂46 高山一実「今回は強い感じを心掛けました」 松村沙友理が闘う相手は三期生の大園桃子!

松村沙友理(左)と高山一実
松村沙友理(左)と高山一実

 1941年に誕生したDCコミック初の女性スーパーヒーローの活躍を描いた映画『ワンダーウーマン』。そのイメージソングを歌う乃木坂46の松村沙友理と高山一実が、初のアメコミ体験や本作に携われた喜び、理想の女性像やライバルについて語った。

-本作は、女性だけが暮らす孤島のプリンセスであり戦士のダイアナ(ワンダーウーマン)が、不時着したパイロットのスティーブを救うことで外の世界に飛び出し、世界を救うために奮闘するさまを描いていますが、鑑賞後の感想は?

松村 女性がメーンのヒーロー作品ってどんな感じなんだろうと不思議でしたが、ダイアナが女性らしさを持ちつつ格好良くて、アクションもすごくて、同じ女性として憧れました。現代とは違う昔(舞台は、第1次世界大戦末期)の世界観も新鮮で、見ていて楽しかったです。

高山 実は2回見たんですけど、2回とも楽しめました。(ダイアナ役の)ガル・ガドットさんが本当に美しく、コスチュームもかわいくて、戦闘シーンのハラハラドキドキする感じもすてきでした。あと、(スティーブ役の)クリス・パインさんとダイアナとの関係にも感動しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >