2017/09/02 15:32

【インタビュー】「植木等とのぼせもん」山本耕史「歴史上の人物とも架空の人物とも違う難しさがある」志尊淳「小松さんが持っている熱いものを表現できれば」

植木等役の山本耕史(左)と小松政夫役の志尊淳
植木等役の山本耕史(左)と小松政夫役の志尊淳

 9月2日からNHK総合「土曜ドラマ」枠で、ドラマ「植木等とのぼせもん」(全8回)が放送される。小松政夫の自伝的小説『のぼせもんやけん』を原案に、「無責任男」を演じ、「スーダラ節」などで知られた昭和のスター植木と、彼の弟子兼運転手となり、「親父さん」と慕いながら成長していく小松との師弟関係を描いた物語。本作で植木を演じた山本耕史と、小松役の志尊淳が撮影の合間に心境を語った。

-オファーを受けた時の気持ちを教えてください。

山本 自分が植木さんを演じると聞いた時はどこが合うのだろうと思いました。けれど、植木さんは楽器や歌、舞台でのコントもされていたので、やっていることはそれほどかけ離れていないなと思って。そういうところをディレクターやプロデューサーが照らし合わせてくれたのなら、できる限りのことはやろうと思いました。でも、正直イメージに合うか不安の方が大きかったです。

志尊 僕はご存命で、しかも皆さんのイメージがある方を演じることが初めてでした。小松さんのことは知ってはいましたけど、このドラマで描かれている30~40代の小松さんは資料でしか見たことがなかったですし、僕も正直、似ている部分を照らし合わせるのは難しかったです。でも、タイトルにある「のぼせもん」は夢中になりやすい性格のことで、それは僕も一緒でした。後は、小松さんが植木さんの付き人をされていた姿は皆さんも知らない部分だと思うので、自分と似ている部分を照らし合わせつつ、皆さんのイメージとうまくリンクさせられたらと思いました。最初は不安でしたけど、段々と楽しくなってきました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >