2017/09/02 18:09

ウエンツ瑛士、日系アメリカ人の禅僧役を熱演 共演のチャド「こんなに英語ができへんとは…」

日系アメリカ人の禅僧役を演じたウエンツ瑛士
日系アメリカ人の禅僧役を演じたウエンツ瑛士

 映画『禅と骨』の初日舞台あいさつが2日、東京都内で行われ、出演者のウエンツ瑛士、余貴美子、佐野史郎、チャド・マレーン、中村高寛監督が登壇した。

 『ヨコハマメリー』の中村監督が11年ぶりに放つ本作は、横浜生まれの日系アメリカ人禅僧ヘンリ・ミトワを追ったドキュメンタリー。

 ドラマパートで、青年時代のヘンリを演じたウエンツは「こういう濃い人生を歩んできた人がいて、それを撮れちゃう監督がいる。そういう方と一緒にお仕事できてとても光栄だった」と感慨深げにあいさつした。

 撮影中は「ずっと天候が悪く、ハプニングの連続だった」といい「中村監督がずっとナチュラルハイで、たまにヘンリさんに見える時があった。ヘンリさんの魂が乗り移って、僕が(ヘンリに)いろいろ言われているのかなと思う瞬間があった」と現場でのエピソードも披露した。

 また、役づくりについては「“ぶっ飛んだ人”だったので、その人の若いころを演じるというのは大変。でも(自分が演じるのは)いろんな層が重なっていく途中の段階なので、その時に感じた気持ちを大事に演じました」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >