2017/09/06 12:00

【インタビュー】『望郷』生い立ちが役柄とリンク…貫地谷しほり「家族に縛られています」 大東駿介「自分をどう生きるか以外は考えていません」

貫地谷しほり(左)と大東駿介
貫地谷しほり(左)と大東駿介

 ミステリー作家・湊かなえ氏の連作短編集を基に、ある島に暮らすふたつの親子の悲しい過去と希望の光差す未来をつなぐ感動の物語を描いた映画『望郷』。その中の一編「夢の国」で、家に縛られ、自由を求めるあまり、ある事件を起こしてしまう平川夢都子を演じた貫地谷しほりと、「光の航路」で、確執を抱えたまま死別した父の本当の思いを、その死から17年もたってから知ることになる大崎航を演じた大東駿介。本作に出会えたことを喜ぶ二人がその理由と共に、自身の生い立ちや家族への思いを語った。

-「故郷とは自分そのものであり、望郷とは自身を回顧すること」とも思える作品でしたが、お二人はどのような感想を持たれましたか。

大東 その通りですね。人には、過去や生きてきた環境、故郷が一生つきまとうものだと思ったし、故郷と向き合うと、結果的に自分と向き合うことになると分かりました。

貫地谷 すごく重い作品ですよね…。私は夢都子ほどの閉塞感を持って育ってはいないけど、「親は絶対」という意識がどこかにあって、ちゃんと話せば「いいよ」って言ってくれることでも、「駄目」と言われそうで伝えられないことがたくさんあったので、自分が子どものころにリアルに感じたことをそのまま役に投映していました。キラキラしている世界だと思っていた芸能界という所に入ったものの、現実は泥くさい仕事もあって、思い描いていたものとは全然違うっていう気持ちも、大人になった夢都子とリンクしていて、共感する部分がたくさんありました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >