2017/09/08 20:15

乃木坂46西野七瀬、高校時代の“やり残し”を後悔 「制服姿で写真撮っておけば…」

主人公・東島旭役を演じた西野七瀬
主人公・東島旭役を演じた西野七瀬

 映画『あさひなぐ』の女子高生限定試写会イベントが8日、東京都内で行われ、出演者の西野七瀬(乃木坂46)、富田望生、斉藤優里(乃木坂46)が役衣装で出席した。

 こざき亜衣氏による同名コミックを映画化した本作は、最弱の初心者が最強のライバルに挑む、青春なぎなたエンターテインメント。

 主人公・東島旭役で映画初出演で初主演を果たした西野は、思い入れのあるシーンについて「憧れの宮路真春(白石麻衣)を呼び出して、後輩なのに生意気に食ってかかるシーン。大事なシーンだなと思いながら撮影したし、完成したものを見てもこのシーン好きかもと思いました。注目して見てほしい」とアピールした。

 自らの高校時代は「全然普通の高校生でした。部活バイト部活バイトって感じの生活で、毎日放課後は忙しかった」と振り返り、現役女子高生に「自分がもっとやっておけばよかったと思うのは、制服姿でいっぱい写真を撮っておけばよかったなって。制服を着られる特権というか」と後悔を交えつつアドバイスした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >