2017/09/13 13:14

浅田真央さん、展示会初日に“Wサプライズ” 姉・舞さんの登場には「朝から心臓に悪い!」

 仲良く同じポーズを決める浅田真央さん(左)と姉の舞さん
 仲良く同じポーズを決める浅田真央さん(左)と姉の舞さん

 フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー冬季五輪銀メダリストで今年4月に現役引退した浅田真央さんが13日、都内の日本橋高島屋で開幕した「美しき氷上の妖精 浅田真央展」のオープニングセレモニーに出席した。2回目となる今回の展示会は、真央さんの幼少期から26歳で引退を決めるまでの軌跡を、映像、衣装、写真パネルなど約100点の展示物で振り返る。

 会場を見学した真央さんは、終盤に設置された来場者のための写真撮影スポットに興味津々。司会者から「何でカーテンが掛かっているのか気になりませんか?」と聞かれると「気になりますが(カーテンが)赤と黒なので、なんとなく予想がついてます」とにっこり。最終シーズンとなった、16年フィンランディア杯で着用した黒(SP)と赤(フリー)の衣装を思い描いたようだった。

 しかし、司会者の合図でロープを引くと、そこには真央さんの“等身大パネル”と同じポーズを取った姉の舞さんの姿が。サプライズ登場に「ウワァー!」と驚きの声をあげて駆け寄った真央さんは、「朝から心臓に

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >